ポートモレスビーの英会話教室をご紹介!

パプアニューギニア・首都ポートモレスビーで英語を教えてくれる語学学校は残念ながらありません。

しかし、ないなら作っちゃおう!と、今回カジュアルで英会話教室を始めることになりました。

その名も、Berry’s English Lesson (ベリーの英語教室)です。

とても普通の名前です。笑

レッスンは、ポートモレスビーのみとなりますが、パプアニューギニアに来たけども英語の勉強を継続したい、一緒に勉強する仲間が欲しい、というような方は是非ベリーの英会話教室にお問い合わせください。

対象は、子供も大人も誰でも歓迎です。

指導は、TESOLという国際英語教師資格のあるうちの夫のダニエル君が行います。

必要時は私がサポートします。

教えるのは英語のみ。トク・ピジン語についてはまだ未定です。

希望があれば、日本語のレッスンも現地の方や外国人居住者にしていき、日本のことをもっと知ってもらえたら嬉しいと思っています。

1レッスン1時間〜承っております。

授業の内容はご希望に合わせてそれぞれ作成します。

お子さんの場合は、インターナショナルスクールの宿題の添削・予習・復習、試験対策など。

大人の方の場合は、それぞれのレベルに合わせて、初級〜上級まで。ビジネス英語や出来るだけ日々の仕事に利用できるようなレッスンをしていきます。

 

カリキュラムが欲しい方や料金体系についても、お問い合わせからご連絡ください。

 

では、今回はパプアニューギニアの言語環境について少しだけご説明します。

 

パプアニューギニアの言語は?

 

共通語は英語・トクピジン語です。

学校教育や公の場、メディアなどでは英語が使用されます。

しかし、年配の方や村の一部の方々はトクピジン語、またはその部族の固有の言葉しか話さない人もいます。

パプアニューギニアには800以上もの部族が暮らしており、それぞれの固有の言葉を話します。

 

パプアニューギニアには語学学校はないの?

 

英語を教える外国人駐在者の通える学校はありません。

パプアニューギニアへの語学留学は?

 

昨今、フィジー留学・セブ島留学などが有名ですね。

それは、留学費用が他の国に比べて安いということ、フィジー・マニラの英語の発音が綺麗だということ、治安がいいということが理由としてあげられるようです。

パプアニューギニアはというと、語学留学には物価が高く、治安が悪いため、語学留学などの受け入れはしていないのが現状です。

 

しかし、パプアニューギニアはとてもユニークで興味深い国なため、ボランティアや観光などで多くの方に来ていただき、この国を体験してもらいたいです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です