コラム

月に行く#dearMoonから考える、夢を見ることの大切さ

投稿日:2018-09-19 更新日:

100年後の未来、2118年に世界はどのような変化を迎えているのだろう。

 

未来のことを考えるのはいつも楽しい。それと同時に、ネガティブニュースが蔓延しているせいなのか、未来に対してポジティブなイメージが持てなくなっているのは私だけではないはず。

 

温暖化現象、世界気候の変化、環境汚染や世界人口の急激な増加、核問題…

 

今まで何百年も歴史を繰り返してきた人類は、いい意味でも悪い意味でも前進してきた。

 

しかし、最近では未来に対するの懐疑的な見方から保守的に物事を考えがちである。そんな時、舞い込んできたZOZOTOWN前澤氏の#dearMoon プロジェクト。

 

月に行くなんてお金持ちの道楽のように思っていたが、前澤氏の気持ちはもっと未来に、人々の可能性にフォーカスされているようだ。

In 2023, artists representing the Earth will head for the Moon.

A painter, musician, film director, fashion designer...
Some of Earth's greatest talents will board a spacecraft
and be inspired in a way they have never been before.

It is the Japanese Entrepreneur, Yusaku Maezawa
who will produce this revolutionary art project.
Together they will head for the Moon 238,900 miles away.

During the week-long spaceflight, what will they see?
What will they feel? And what will they create?

An awe-inspiring, global, universal art project is about to begin.

I choose to go to the Moon, with artists.

If Pablo Picasso had been able to see the moon up-close,
what kind of paintings would he have drawn?
If John Lennon could have seen the curvature of the Earth,
what kind of songs would he have written?
If they had gone to space, how would the world have looked today?

People are creative and have a great imagination.
We all have the ability to dream dreams that have never been dreamt, to sing songs that have never been sung, to paint that which has never been seen before.

I hope that this project will inspire the dreamer within each of us.

Together with Earth's top artists, I will be heading to the moon... just a little earlier than everyone else.

I am truly blessed by this opportunity to become Host Curator of "#dearMoon".

I would like to thank Elon Musk and SpaceX for creating the opportunity to go around the moon in their BFR. I would also like to thank all those who have continuously supported me.

I vouch to make this project a success. Stay tuned!

出典:dearmoon.earth

 

今回のプロジェクトは、2023年に前澤氏が画家や音楽家、映像作家、ファッションデザイナーなど想像力が素晴らしいアーティストと共に月を見に、宇宙を見に、地球を見に行くというもの。

 

そこから生まれるアイデアで、アーティスト同士のコラボレーションを実現するというのが目的のようである。

 

彼の一文の中に

 

「We all have the ability to dream dreams that have never been dreamt…」

私たちは皆まだ見たことのない夢を見る能力がある。

 

という一節がある。

 

この言葉に久しぶりの衝撃を受けた。

 

とてもシンプルな言葉なのだが、忘れかけていた言葉。

 

生活のこと、キャリアのこと、人生のこと、お金のこと、色々なことを考えて生きている中で、自分自身の限界や人類の可能性をすでに知った気になっていたように思えた。

 

歳を重ねると知識や経験を得ると共に、人生や物事への可能性を自分の等身大でしか考えられなくなり、自己完結してしまいやすい。

 

しかし、世界はまだまだ美しく、世界も宇宙も想像できないほど大きいのだ。

 

学生の頃「2001年宇宙の旅」を見た時の衝撃を、初めて違う国に行って自分とは違うものに出会った時の驚きを、何かをやり遂げた時の達成感を忘れてはいけないと思った。

 

まだまだ可能性は自分の中にある。

 

それを探しにいかないと!と思わせるニュースだ。

 

 

 

-コラム
-

Copyright© C A R P E D I E M , 2019 All Rights Reserved.