3泊4日家族旅行で行く香港!定番オススメスポットと注意事項

2018年の8月に3泊4日の家族旅行で「香港」に行ってきました。

参加メンバーは、母、兄家族(3歳の女の子&9歳の男の子)、私達夫婦、友達カップルの計9人という大所帯!

どうなることやらと思っていましたが、ワイワイガヤガヤ楽しく過ごすことができました。

今回は、香港旅行で是非オススメしたい魅力的な場所や定番観光地、香港にまつわるアルアル注意事項をお伝えしていきたいと思います。

 

1.ヴィクトリアピーク【太平山】

ヴィクトリアピークは香港でも有数の観光名所。それもそのはず、この景色が一望できるのですから!

夜の100ドルの夜景を見るのもいいですが、昼でもとても綺麗です。

私たちが訪れた8月はホリデーシーズンでもあり、ヴィクトリアピークまでのトラム乗り場は1時間以上待ち。3歳児も一緒で、気候は30度越え。蒸し暑く9人と大所帯だったこともあり、タクシー2台でヴィクトリアピークまで行くことに。

トラム乗り場からヴィクトリアピークまではタクシーで10〜15分程の距離なので、通常は50HKD(600〜700円)で着くことができます。しかーし!何かドライバーさんがどさくさに紛れてボタンをピピッと押したのを発見!(3歳児が泣いている時)

すると、タクシーメーターが385HKD(5400円)に!!

すぐにもう一台のタクシーに乗っている家族に電話を入れて金額を確認。やはりぼったくられている。そして、降りる時にみんなで猛抗議!結局、もう一台と同じ値段しか払いませんでしたが、とてもハラハラドキドキの体験となりました。

香港タクシーの運転手さんは、大陸からの出稼ぎの人が多いため、運転も対応もかなり粗いです。乗るときにしっかり金額と行き先の確認をしましょう(あまりに近場だと断られることも多々あります。)

 

証拠写真!この男、要注意です。笑↓

2.シンフォニーライツが見れるレストラン「キーナインドラゴンズ」

 

日本のテレビ番組でも話題になったこのレストラン「キーナインドラゴンズ」。

このレストランは香港に二店舗ありますが、尖沙咀(チムサーチョイ)店からは、毎日20時から15分開催されるシンフォニーライツというイルミネーションが綺麗にみれます。レストランは鏡ばりなのでレストランで食べながらでも観れますが、レストランの上にあるオープンバーに行くと開放感があり、記念写真を撮ったり楽しめるでしょう。

私も連日通いたかったぐらい、ここからのシンフォニーオブライツの美しさに魅了されてしまいました。

20時前ごろから来店しバーでお酒を楽しみながらシンフォニーオブライツを見るのもよし。またはその後にレストランで食事をしてもいいでしょう。

料理のお味はまあまあです。笑 四川風でスパイシーなものが多いので、スパイシー度合いを注文時に確認しましょう。

レストランはカジュアルなので、子供連れでもOKです。

 

3.  東京ディズニーランドとどっちが良いの?!「香港ディズニーランド」

今回の目的の1つでもあった「香港ディズニーランド」。

東京ディズニーランドと比べて規模が小さく人気がないようなレビューを行く前には読んでいました。東京ディズニーに比べて価格も割高。あまり期待していませんでしたが、思ったよりも全然楽しかった!!

何が一番いいかと言うと、「東京ディズニーランドに比べて、待ち時間が少ない!」これが一番良かったです。

そのため、好きなアトラクションを見つけたら何度も乗ることができます。ファストパスを取らなくても長くても20〜30分待ちで乗ることができました。

また、東京ディズニーランドにはないアトラクションがあったり(ミスティックマナーやアイアンマンなど)子供達も大人達も大喜びでした。

シンデレラ城はありませんでしたが、コーヒーカップをはじめ東京ディズニーランドと同じようなアトラクションもいくつもありました。

ジャングルリバークルーズ↓

船により、言語の案内が英語、中国語、広東語に分かれているため、ナレーションも楽しめます。

お昼のパレードも東京ディズニーとは違う雰囲気で、お客さんも東京ディズニーほどは多くないので場所取りをしなくても近距離で楽しむことができます。

香港ディズニーは空港の近くにあり、電車で行くことができます。セントラルからは約1時間くらいです。

 

4.デイトリップでマカオ(澳門)へ行く方法

 

香港に来たならマカオも是非訪れたいですよね!私たちも1日はマカオに行こうと決めていたので、2日目の午前中に香港からマカオにフェリーで向かいました。

(2018年10月に港珠澳大橋が開通し、香港空港や香港市内からバスでもマカオに行くことができるようになりました!)

フェリー乗り場に向かい数社ある会社のどれかからチケットを購入し(予約不要)、1時間おきに出ているフェリーで向かいましょう。フェリーに乗り60分でマカオに到着です。

注意:出国手続きをしないといけないので、必ずパスポートを持って行ってくださいね!また、フェリー内はクーラーがキンキンに効いているためショールや羽織物を持っていきましょう。

マカオに着いたら、カジノをする人もしない人も適当にカジノ会社のフリーシャトルに乗りマカオの中心地まで連れて行ってもらいましょう。(ウィンやベネチアンなど)

マカオでは、世界遺産の町並みを歩いたり、カジノの町並みを楽しむことができます。

注意:マカオでは香港で買ったSIMカードは使えないことが多いため、SIMカード購入の際確認が必要です。

 

5. 香港で一番美味しいファンシー飲茶レストラン「MOTT 32」

yelpで香港で一番美味しい飲茶で調べて偶然立ち寄ったのがこの「モットー32」。セントラルの金融街のど真ん中に位置し、内装もとてもお洒落で、飲茶も今まで食べたことがない洗練されていました。

この日はランチで訪れたのですが、普通に食べて一人6000円ほど!ここの飲茶を食べたら他の飲茶が食べれなくなるほど美味しかったので、お試しの価値ありです!

6. 香港でオススメホテル/ザ・マレーニッコロホテル香港 (The Murray A Niccolo Hotel Hong Kong)

香港で最近話題のお洒落なホテル/ザ・マレーニッコロホテル香港 (The Murray A Niccolo Hotel Hong Kong)に夫からのお誕生日プレゼントとして宿泊。ホテル全体が洗練されていて、とても気持ちのいいホテルでした。

朝食は、中華から洋食、和食まで揃っており、味も文句なしに最高に美味しく、見た目にも美しい食事でした。

ホテルのエントランスにあるバーも、モダンで落ち着いた雰囲気になっています。

写真はありませんが、スパも予約出来ます。

好みのオイルを使用したマッサージは極上でとろけてしまいますよ♫

ホテル内のレストランやロビーにはオーナーのコレクションであるアートがさり気なく飾られてあり、無駄なものがなく美しい空間になっています。

 

7.フォトジェニックな飲茶「YUM CHA」

インスタ映えする飲茶で知られているのが、チムサーチョイにある「Yam Cha」。写真のように顔がついた飲茶がお手頃価格で頂けます!店内もモダンで可愛い作りで、子供も女史も楽しめます。

いかかでしたか?

いくつかの注意したい点もありますが、香港は日本からも行きやすく、街もコンパクトなので数日の旅行でも行くことができます。大人から子供まで楽しめる場所も多くあり、食事も美味しいので家族旅行にピッタリです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です