「支援」することって本当に難しい。不都合な真実?!

パプアニューギニアに限らず、多くの発展途上国に共通しているのは、世界中の国や機関から大なり小なりの「支援」を貰っているということでしょう。

インフラの整備、技術開発、職業支援、物資の援助、医療援助など、たくさんの国や機関が、発展途上国にもっと発展してもらおう、貧困から抜け出してもらおう、良い医療を受けてもらおうと支援しています。

その中で、発展途上国が本当に必要とする「支援」とは何でしょうか…

というのを考えさせられる映画 「Poverty ink(ポバティーインク、あなたの寄付の不都合な真実)」

 

「貧しい気の毒な人たちのために手を差し伸べよう」「彼らは無力で何もできない」
そんなイメージを謳い、繰り広げられてきた営利目的の途上国開発は、今や数十億ドルに及ぶ巨大産業となっている。その多くの援助活動が失敗に終わり、援助の受け手がもともと持っている能力やパワーも損ないさえする。
私たちの「支援」がもたらす問題は?正しい支援のあり方とは?途上国とどう向き合うべきなのか?ハイチやアフリカを主な舞台に、“支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリー。
日本では2016年に公開された映画で、ハイチ米の悲劇、ケニア起業家の苦悩、競合は国際援助など、この国際援助のあり方を問うドキュメンタリー。
パプアニューギニアで生活していて、考えさせられることが描かれていてとても興味深い映画でした。
発展途上国では、この「支援」による弊害が生まれることも多々あります。
これが本当に難しいということを色々な話を通して学びました。
大きな組織でなくても、個人間でもこのようなことは起こります。
ポートモレスビーでの信号待ちで車を停車させていると、子供が車に近寄ってきて「お金を頂戴、物を頂戴」と毎回言います。
孤児なのでしょうか、両親がいるのでしょうか。もしかしたら親がお金や物を集めて来るように子供に教育しているのかもしれません。その子の状況などわかりません。
この時に「可哀想な子」というレッテルを勝手にその子に貼り、お金をあげたり、物をあげる。すると、次にどのようなことが起こるのでしょうか?
私たちが、お金や物をあげなかったら、石や泥を投げる子供もいます。(ちょっとギャング化してる。涙)
その子は、もらえることが当たり前だと思っているのです。
発展途上国では、失業手当や子ども手当などないので、自分でどうにかしないといけないというのも現実で、大人にもタフなのに子供にはもっとタフです。
私たちでも、国に頼れなくなったら、お先真っ暗という感じです。
発展途上国だけでなく、どの国でも、「支援する人」「支援される人」の関係性はとても慎重にしなくてはいけないものです。
支援される人を「弱者」として手助けをするのではなく、明日はわが身かもしれない。もし自分自身が支援される立場だったら、本当に何が必要か?ということを考えて行動を起こす。
その人たちが一人で自立できるように、やり過ぎず、やらなさ過ぎず、相手が本当に必要なことは何なのかを一緒に考え、付かず離れずそれを見守ること、これが本当の「支援」なのかもしれません。
日本では、この「支援」するという営利目的の過度なビジネスはあまりみられませんが、アメリカや中国など多くの国で実施されている1つのビジネスの手法です。
とても奥が深い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です