Technology

綺麗な写真を撮るには、iPhoneと一眼カメラどっちを選ぶべき?!

投稿日:2018-11-20 更新日:

ブログやインスタなどで、写真を公開することが多くなってきましたね。

 

一般的には携帯のカメラ(iPhoneなど)で写真や動画を撮影することが多いと思いますが、携帯カメラの画質に満足できなくなっている人も多いのではないでしょうか?

 

私も今まではiPhone7plusで写真を撮影していたのですが、他の人たちの写真に比べて自分の写真があまり綺麗じゃないような気がして... 調べてみると、息を呑むような写真のほとんどは「一眼カメラ or 一眼レフカメラ」で撮影されていたのです!

 

これは大事件... iPhoneでも十分だと思っていたのに、やっぱり明らかな差があるような気がします。

 

もちろん、一眼のカメラで撮影している人たちは、いわゆるその道に精通した方々ですから、しっかりと編集までプロのソフトを使って行っており完璧に仕上げています。

 

それに比べ私の写真はというと、ポートレートモードを使ってもなんだかアマチュア感が抜けないのです…「そろそろ、一眼カメラ買ってみようかな〜」とアップルオタクの夫に漏らしたところ、

 

「iPhoneで十分だよ!」

 

と。

 

「みんな何十万円もする高いカメラ買ったのに持ち運びが大変だったりで家にずーっと放置してるんだから!それに比べてiPhoneはここぞという瞬間を決して逃さないよ〜。4Kだし、ポートレードモードだってどんどん進化してて素晴らしいんだ〜。」

 

このようにiPhoneの一点張り。

 

それもそのはず。

 

うちの夫は、iPhoneカメラの撮影が信じられないくらい上手なのです。

 

ポートレートモードの使い方、アングル、ピントの当て方など、親指1つで調整し完璧なものを撮影し、編集すらしない。

 

もちろん夫の今使っているiPhoneは最新のiPhoneXSMAX。

 

私のiPhone7plusと比べると、カメラももっと進化しているのを使っているんですが。

 

夫曰くiPhone7plusのデュアルカメラの性能は全然素晴らしい。

 

でもでも、なんだか携帯カメラと一眼は全然違う気がする〜。

 

もし私が一眼レフカメラで撮影するようになったら、写真は激変するんだろうなあ〜という妄想が頭から離れず、夫に内緒でカメラを購入しました。

 

それがこのカメラ!

 

パナソニックの一眼カメラ DC-GF10/GF90

写真出典:Panasonic.jp

 

今回はこのカメラを買って使ってみた感想と、iPhoneでの撮影と一眼カメラでの撮影結局どちらがいいのかを実感・考察してみた、個人的な感想を綴ってみたいと思います。

 

まず、なぜ私が数あるカメラの中からこのカメラを選んだかというと、私の目的にあったカメラだと思ったから。

 

私がどんなカメラを探していたかというと、

 

・持ち運びが重たくない

・価格が10万円ほど

・SNS用に綺麗な写真が撮れる

・猫などの動く被写体の瞬間を逃さず撮影できる(うちの可愛い猫たちをスーパー可愛く撮影したいから)

・携帯電話にwifiで飛ばせる(データー移すのが面倒だから)

・雰囲気のある写真が撮れる

・自撮りで写真や動画を撮影できる(youtubeしたいと思ってたから)    など

 

色々なカメラをリサーチしてみて、このカメラは他のカメラよりもデザインが可愛く、これらの私の目的に合ったものだと思い購入しました。

 

<<このパナソニックの一眼カメラ DC-GF10/GF90について簡単に説明>>

コンパクトミラーレスカメラ。22種類のフィルター効果から好みの作風の写真が楽しめ、いろいろなシーンによってワンタッチで設定を切り替えられるの。また、タッチパネルモニターが上方向に180度傾けて使えるため自由な撮影が可能。4Kフォトモードで秒間30コマ連写できる。フォーカスセレクトで撮影後に焦点を変更できる。スマホから簡単撮影も可能。

 

 

では、一眼カメラとiPhone(ここでは7plus)で撮った写真を比較してみて明らかな違いが現れたか?!というのが一番気になるところですよね!

 

比較してみましょう。

 

iPhone7のポートレートモードで撮影したものがこちら↓

 

パナソニックのこの一眼カメラ、フォーカスセレクトを使って撮影したものがこちら↓

 

 

 

同じ角度から被写体のキャンドルに焦点を当てて、同じように撮影してみました。

 

この写真を見ると、iPhone7も悪くはないですが、一眼カメラで撮った方がしっかり被写体に焦点が合っています。

 

そもそも、一眼カメラ(ミラーレスカメラ)はイメージセンサー(カメラの中央部分にある長方形)が、スマホに比べて大きいです。

 

スマホにもイメージセンサーはありますがやはりコンパクトなため小さい。

 

イメージセンサーは大きければ大きいほど、写真の階調表現が細やかになるため、やはり一眼カメラの方が精細な写真が撮れることがわかります。

 

しかし、カメラの性能も大事ですが、いい写真を作る様子はカメラの機能だけではありません。

 

最近では編集技術も進んでいるため、綺麗な写真を作りたいのならば、光の調整・色の調整をすることがいいカメラを使うことと同じくらい重要な要素になります。

 

 結論 

じゃあ、結局どっちがいいの?!一眼カメラを買う必要があるの?!

 

綺麗な写真を「撮影」したいのであれば、やはり一眼カメラの方がiPhoneのカメラよりも繊細な写真を撮ることができると言えるでしょう。

 

しかし、最近はスマホ(iPhone)でもポートレートモードなどの優れた機能もあり、編集アプリを使えばかなり優秀な写真を作りことができます。

 

また、カメラにはたくさんの機能が付いていて可能性は無限大ですが、取説をしっかり読んで練習しないとカメラの機能を最大限に活かした写真は撮れません。

 

どうしてもいい写真を撮りたい、作りたい!

 

という方はやはり一眼カメラを買いましょう!

 

時間をかけてカメラ撮影を勉強し、一眼カメラで撮った写真を編集して納得した写真を作れます。

 

 

もう1つの素晴らしいカメラで撮影することの利点!! 

 

パプアニューギニアのカルチャーショーに行った時に一眼カメラで撮影してきました。

 

この写真を撮っていた時に明らかにカメラとスマホの違いを感じることができました。

 

それは、被写体に「良い視線」を送ってもらえるということです。

 

スマホでの撮影ではレンズをなかなか見てもらえず(小さいし、見にくいからかな?)、私が撮影していることにも気付いてももらえないこともあります。

 

しかしカメラの場合、被写体は写真を撮られているということを瞬時に感じて、視線を送ったりポーズをとったりしてくれることが多いと感じました。

 

また、被写体はカメラで撮られた方がスマホで撮られるよりも、良い顔をしてくれるため素敵な写真を撮ることができます。

 

 

 

 

 

 

-Technology
-,

Copyright© C A R P E D I E M , 2019 All Rights Reserved.