パプアニューギニアの治安が悪い理由「ラスカル」の実態

パプアニューギニア特に首都ポートモレスビーは、世界でも治安が悪いことで有名です。

最近でこそ「危険な国番付け」上位に名を連ねることが少なくなってきましたが(南米や中東などもっと危険になっているのでしょう)、毎日の生活は常に危険と隣り合わせです。

世界にはテロの恐怖に怯える国、放射能に怯える国、戦争中の国、変わったルールのある国、麻薬・ギャングがはびこる国など色々な危険な国があります。

では、首都ポートモレスビーは何が危険なのでしょうか?

答えはラスカル!

あらいぐまラスカルを想像させる可愛い名前ですが、現地の人たちも恐れるギャング集団です。

 

ラスカルの行動は

 

窃盗、恐喝、レイプ、空き巣など。

<過去の事件>

・お店やレストランに出没し、拳銃で人々を脅し、お金を持って逃げた。

・運転中に車に飛び乗ってきた。

・車や家のドアや窓から侵入し金品を奪った。

・車に乗車する時にラスカルに囲まれ、そのまま人質とされ、金品を奪われた。

・運転中に石やレンガを投げられ、駐車すると囲まれ脅され金品を奪われた。

など

↓このyoutubeの動画は昨年あった未遂だった有名な事件です。

郊外の方に出かけた家族が前後怪しげな車に挟まれて山道を進んで行くと、道幅が狭くなったところで前の車が道の真ん中で停車。

すると、車の中から銃を持ったギャングが走ってきて、ドライバーは山道をそのままバックで猛スピードで逃げたというものです。

発砲はしていませんが、とても恐ろしい映像です。

 

ラスカルはだれ??

 

ギャングを総称してラスカルといいます。発生的なギャング

誰がラスカルかは特定は難しいようですが、上記のような犯罪が起こったら「ラスカルが出没した!」といいます。

ラスカルがたくさんいるため、どの人がラスカルなのかわからないのが取り締まり困難なところ。

もしかすると、地元警察の中にはラスカルとつながっている人もいるのでしょうか?

根絶するのが難しいのげ現状です。

 

ラスカルは誰を狙うの?

 

ラスカルは、エキスパット(外国人居住者)や旅行者だけでなく現地の人々も襲います。

私のローカルの友人は、地元の人が集うマーケットでラスカルにスラれたようです。

また歩いていて話しかけられたらナイフで脅され、金品を要求されたという話も聞きました。

お金を持ってそうな人はもちろん、対象は全員です。

 

ラスカルへの対処法

 

ラスカルに出会ってしまったら反撃してはいけないと言われています。

まず、自分の身の安全を守るために相手の要求に従うことしか対処法はありません。

中には抵抗したために刺された人もいます。

日暮れや早朝の外出は避け、一人での行動や貧困層の人たちがいるような地域へは行かないようにしましょう

セキュリティーがしっかりしているところに行きましょう。駐車も必ずゲートの中で。

 

ラスカルはヒーロー??

 

ラスカルの行為は許されるものではなく市民が皆ラスカルの脅威に怯えています。

しかし、以前ラスカルは子供たちのヒーローだと聞いたことがありました。

現在もパプアニューギニアではインフレが起こっており、国民の生活が苦しくなっています。そのため、ラスカルは家族やワントクのため生活のために犯罪を行い、必要な金銭を他者から奪うというのです。

クリスマスが近づくと、学校の支払い時期になると、ラスカルの出没が多くなると言われています。

このラスカルもパプアニューギニアの「ワントク」システムの弊害なのかもしれません。

どちらも悲しい現実です。

 

関連記事: パプアニューギニアに根ずく「ワントク(Wantok)」システムとは?

 

危険なのはラスカルだけではない?!

 

ラスカルは、有名なギャングですが、生活に困窮しているのはラスカルを名乗る集団だけではありません。

多くの国民が政府に不満を持ち、生活苦の中にいます。

そのため、ポートモレスビーではどんな状況でも油断はできません。

ホリデー中にお手伝いさんやセキュリティーに全てを持ち逃げされた人もいます。

私の夫も家のゲートに入ろうとしたところ突き飛ばされ腕時計のみ持って行かれたようです。

 

もちろん日本で生活していても事件や事故に巻き込まれることはあります。

しかし、このような国だからこそ、安全管理には十分に配慮し、起こらなくてもいい犯罪に巻き込まれないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です