日本で配偶者ビザを取る方法

私たちは日本でも生活しているため、夫の配偶者ビザをとることになりました。 

今回は、国際結婚でこれから日本に住む方やその配偶者のために、配偶者ビザの申請から取得方法について書いていきたいと思います。 

1   入国管理局に行き必要書類を揃える 


都内では入国管理局は成田や品川にもありますが、日本全国にあります。入国管理局のホームページを見て最寄りの入国管理局を探し、用紙を取得しに行ってください。

私たちは立川の入国管理局で必要書類を揃えました。

2  書類に必要書類を記載する

配偶者ビザの書類は全て日本語での記載となります。

一人、または二人の身元保証人がこの書類を記載することになります。

ここでポイントは、配偶者ビザを取得する本人ではなく、身元保証人が主としてこの書類を書くことになります。
(特に配偶者が日本語を読み書きできない場合は、身元保証人が書くほかありません。)

基本情報以外に、

・日本にその配偶者はいつ何回、どのくらいの期間、日本に居た事があるか、又その目的

・どこでどのように知り合って今どのような関係なのかなど今までの経緯
(原稿用紙1−2枚使って!)

・配偶者は日本語の読み書きができるか

・仕事内容、年収 (配偶者・身元保証人)

などを詳細に書いていく必要があります。

また書類の記載以外にも

・一緒に写った結婚している事がわかるような写真を2−3枚(結婚詐欺防止?)
・身元保証人の銀行口座のコピー (生活できるだけの十分な預金があるか)
・結婚証明書
・住民票
・証明写真
・身元保証人の源泉徴収と納税証明書 (金銭的な証明)

などを準備する必要があります。

(注:人により他の書類が必要になったり、代替できるものがあるかもしれないので、質問があるときは入国管理局にお問い合わせすることをお勧めします。)

3  全ての書類が揃ったら入国管理局に持って行く

私たちは品川の入国管理局に持って行きました。

しかし、ほとんどの場合訂正箇所が多数あるため、時間に余裕を持って行った方がいいでしょう。(私たちも訂正だらけで、受付でめちゃ書き直しました。汗)

品川の入国管理局は、すごい人の多さでカオスです。w いろんな国の人たちがいて、私たちは日本人だから自然にこの国に居れるけど、海外の人が他の国で働いたり住んだりすることはいろいろな手続きがあって大変だな〜と実感。

4  入国管理局から在留資格証明書が届くのを待つ

書類提出から約2ヶ月後に在留資格証明書が住所に届きました。

もし書類の不備があった場合は、追加書類を提出してくださいということで手紙が来て、全ての書類が受理されたら在留資格認定証明書が送られて来ます。

5   在留資格認定証明書を本国の大使館に持って行き、入国ビザを発行してもらう

日本の住所に在留資格認定証明書が届いた時、私の夫はもうパプアに帰って来ていたので、パプアにその在留資格証明書を送って、パプアにある日本の大使館で入国ビザを発行してもらい、通常の入国ビザと同様にパスポートに貼られました。

この入国ビザ(Japan Visa)の発行は、在留資格証明書が発行された日から3ヶ月以内に行う必要があります。

そして、入国ビザ(Japan Visa)の有効期限も発行から3ヶ月以内なため、それまでに日本に入国しましょう。

 日本に入国(入国ビザ/Japan Visaの発行から3ヶ月以内)

成田空港に着いたら、入国の際に在留カードを発行してもらいます。

その時に必要なものは、

・パスポート
・パスポートに貼られている入国ビザ(Japan Visa)
・在留資格認定証明書

これらを見せて在留カード発行になります。

これが私たちが経験した一通りの流れです。

私の夫は、配偶者ビザを申請した時に日本で仕事をしていなかったので、身元保証人の経済状態などを証明する必要がありました。

配偶者ビザの審査に落ちたというような記事もありますが、基本的に身元保証人がある程度の預金があり、税金をしっかり支払っていたら、配偶者がまだ日本で仕事を持っていない場合でも私たちは大丈夫でした。

入国管理局の方々は忙しい中でも、親身に対応してくれますので、わからない事や、何か事情がある場合は窓口で説明するか、お問い合わせしてみて下さい。

入国管理局ホームページ 問い合わせ