English

TOEIC受験者必見!TOEIC試験直前の技術&コツ

投稿日:2019-08-27 更新日:

「気がついたら今週末TOEICだ〜!全然勉強してない!!」

このような場合は本当に焦りますね。

余裕だと思っていたのにもう時間がなくなり、

悪い点数取るくらいならTOEIC欠席しちゃおうかな…

5000円だからまあいっか…

と思う方もいらっしゃるのでしょう。

(私も、1度すっぽかしたことがあります。)

 

確かに、もう時間はあまり残されておらず完全な準備をするには時間はありませんが、

最後にまだやれることはあるはずです!

 

時間がなくても、やる気で克服できる場合もあります。

最後まで諦めずに、自己ベストが取れるように試験に備えてみましょう。

 

TOEICとは単純明快

 

「TOEIC試験のテストの結果が、TOEICの模擬試験と同じような点数だった!」

という場合がほとんどですね。

TOEIC模擬試験は、やや本テストよりも難しくできていますから、

結果が模擬試験よりも数十点ほど良い点数だったということもあるでしょう。

 

TOEICの問題とは、ほとんど同じ内容・程度で毎回作られています。

TOEIC模擬試験の点数より±100点以上の違いがスコアで出たというのは、

体調が悪いなど普段のコンディションでなかったという場合以外にはほぼありえません。

 

つまり、普段の自分のままでテストを受けたら模擬テストと似たような点数になリます。

ミラクルが起こることを信じることもありますが、コツコツ勉強をしてこなかったにも関わらず、

大きなスコアアップはあまり期待できません。

 

しかーし!

 

以前TOEICを受けたことがある方はご存知のように、

TOEICには、お決まりのパターンがあります。

時間をかけてもかけなくても、このパターンに慣れることが一番重要です。

created by Rinker
¥2,052 (2019/09/15 11:32:29時点 楽天市場調べ-詳細)

 

1 TOEICスコアアップの一番の近道は、リスニングの克服

 

一般的には、リーディングよりもリスニングで点数が取れます。

なぜなら、TOEICは時間との戦いというぐらい問題量が多いです。

リスニングはみんな一緒に進んでいくため、急かされることなく問題を解くことができます。

また、聞き取れたか、聞き取れなかったの二択なので、結果はシンプル。

 

リスニングも慣れがあるため、日頃から英語で映画を見たり、スカイプの英会話をしてみたり、

英語を聞き話す機会を作り、日々トレーニングしておくことが大事です。

 

しかし、今回の場合のように「もう数日しかない〜!」という時には、そんな時間はありません。

今できることは、リスニングの問題集や模擬試験を解き、自分の苦手なところを確認し、理解すること。

リスニングだけに特化した問題集もあるので、最低2〜3回は問題を解き、

お決まりのパターンの問題をマスターしましょう。

リスニングが完璧なら500点は取れます!

 

 

2 TOEICのパートの中で一番「苦手」を何度も復習

 

TOEICのパートの中で、いつも間違えるところがわかっていますか?

正答率の低いパートを、模擬試験や問題集などを使って集中的に解き、頭に叩き込みましょう。

試験でいつも同じところを間違えるということは、ここを克服さえすれば、

試験で毎回正答する可能性を秘めています!

まずは、どこが苦手かをハッキリさせることが肝心です。

 

例えば、動詞の活用が苦手でいつも間違える方は、

いつも躓く同じ問題を完全にマスターできるように復習し、頭に定着させ、

必ず正解できる問題に変えてしましましょう。

 

一番克服に時間がかかるのは「長文読解」のパートなので、

長文読解は数をこなして正答率をあげるようにします。

 

created by Rinker
¥3,240 (2019/09/15 23:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

3 TOEICのパートの中で、一番「得意」なところを復習し極める!

 

自分が得意なところは、一点たりとも落とさないようにしたいですね!

模擬試験でも問題集でも、得意分野で間違いがあったら必ずしっかり復習しておきましょう。

 

テスト直前には、できないことを克服しようとするよりも、

自分ができることをとことん伸ばす方に力を入れましょう!

 

自分の強みが「自信」にもつながるはずです。

 

created by Rinker
¥2,484 (2019/09/15 23:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

4    試験中はハイパーテンションに持っていく

 

 

英語はリズムです。

良い緊張感を持って、自分の調子を高めた状態で試験に着手しましょう。

 

「あ〜また悪い点数だったらどうしよ〜」

「もっとやれたことがあったのに〜バカバカ〜」

 

など、ネガティブなことを考えると問題を解くスピードが落ち、緊張で思考が鈍りがちになります。

勢いよく、「最後まで試験を解いて、解いて、解きまくる!」という姿勢で臨みましょう。

 

それでも、最後まで試験を解き終わることはできないかもしれませんが、

最後まで行ける!と思わないより思った方が前に進めているはずです!

 

「できる!やる!」という勢いをつけるためには、

・自分の願掛けをする

・コーヒーなどのカフェインを取る

・チョコレートなど砂糖パワーを借りる

・不空腹状態で感覚を研ぎ様す (2時間の長丁場なので体調が悪くなる方は必ず食べてください)

・前日にしっかり睡眠をとる

・達成した時の自分へのご褒美を考えておく

・成功体験を思い浮かべ自分を信じる

 

 

 

 


まとめ

 

TOEICテストまでまだ時間があるときは、綺麗なノートを作ったり

日々の学習の計画に合わせて穏やかに学びを勧められますが、

TOEICテストまで時間がない方は、几帳面になりすぎず、

あと数日の間に、できるだけ多くの問題や過去問を解くことに集中し、

最低2〜3回は過去問や、苦手な問題を反復しましょう!

 

最後まで諦めずに頑張ってくださいね!!

 

【英語独学】社会人のための日常英会話をマスターする方法

続きを見る

 

1日たった10分で!やりかけ英語がペラペラになる方法

続きを見る

 



 

-English
-

Copyright© C A R P E D I E M , 2019 All Rights Reserved.