トラベルハック

【100以上のゲスト&ホストを体験!】Airbnbにまつわる「トラブル」例と対処方法

投稿日:2018-04-18 更新日:

 

こんな方におすすめ

  • Airbnbなどの民泊を始める
  • Airbnbなどでトラブルに巻き込まれた
  • Airbnbなどの民泊を利用しようと考えている
日本でも海外でも旅行の時はホテルよりもAirbnbを利用します。
概ねは素晴らしい快適な滞在となるのですが、ときどきホストとのトラブルはあります。
今回は、体験をもとに「Airbnbトラブル」をご紹介したいと思います。

Airbnb トラブル1 :ゴミをゴミ出し場に出していなかった 

使用マニュアルも説明もなく、ゴミ出しばがどこかもわからずでしたので…

 

という言い訳はありますが、 

2回もクレームがあったので、マニュアルに書いていなくても、ゴミ出しについては滞在前に確認し、ゴミは自分で捨てに行った方が良さそうです。
 

Airbnb トラブル2 :  ポテトチップスの「くず」が床に落ちている

そんなに落としたつもりはないのですが…

 

基本的に細心の注意を払って使用しますが、ゲストは気になる様です。

 

元の状態にある程度は戻して、チェックアウトした方が良さそうです。

クリーニング料金も払っているんですけどね〜汗

 

メモ

シーツやタオルは綺麗に整える程度で、ゴミは出して、物は元の位置に戻して、床もあまりにも散れていたら掃除しておきましょう。

 

Airbnb トラブル3: 乾燥機にパンツが忘れてある

私たち乾燥機使ってないんですけど〜

 

前のゲストが忘れてしまったものでしょう。

 

そう言ったのに、信じてもらえませんでした。(涙)

 

今までの統計から、

 

・ヨーロッパ系ホストは、クレームが多々ある(はっきり伝える文化)

・自宅を貸し出している人はクレームがよくある(自分の家なので)

・日本人ホストは、クレームが少ない(はっきり伝えない文化)

 

海外では、自分の家や家の一室を貸し出している場合が多いためクレームは時々あります。

 

Airbnb トラブル・ゲストである私たちのクレーム編 in 日本

1 公共部分が超汚い

東京で激安シェアハウスみたいなのに泊まりました。

 

その公共部分がめちゃ汚い!

 

激安だったので、仕方ないといえばそうなのかもしれません。(東京・広尾で一泊3000円!!)

 

衛生上悪いからクリーニング代行会社に掃除頼んでくれとメッセージして

 

「わかりました〜!」

 

と快く言ったっきり…誰もきませんでした。

 

Airbnb(民泊業)の清掃代行なら家事代行サービスキャットハンド

2 タオルがない

タオルがないエアビーは初めて!

 

私たちが見落としてたのですが(アメニティは準備していません)と書いていたようです。

 

しかし、タオルがないAirbnbって?!って困ります。

 

今までの経験から

 

・日本でのAirbnbは完全にビジネスでしている人が多いため、クレームはほぼない。しかし、ホスピタリティーのレベルが低い(ところもある)。

追記:日本でのAirbnbは、民泊許可証を持っているホストしか運営できなくなりました。

 

Airbnb トラブル:おわりに

今までAirbnb50回以上使用してトラブルはこのくらいなので、ほとんどの滞在は問題なく素敵な滞在してます。
お互いの「尊重(リスペクト)」があれば、このようなトラブルも減るのでしょう。
民泊の醍醐味は、「ホストとゲストの交流」
ホストとゲストが直接会わなくても、お部屋のデコレーションやメッセージから、ホスピタリティーを感じます。
個人間でその価値観を共有することが、ホテルにはない素晴らしい経験です。

 

-トラベルハック
-

Copyright© C A R P E D I E M , 2019 All Rights Reserved.