ハネムーンで訪れたバンコクのおすすめの過ごし方

昨年、新婚旅行でバンコクを訪れました。

二泊三日でしたが、バンコクのシティーサイドで素敵な時間を過ごすことができました。

気持ちよくお得にバンコクを堪能するおすすめ情報をご紹介したいと思います。

1 まずはGrab(グラブ)を使う

IMG_7217

スワンナプーム国際空港からの市内への移動は、目的地に直行してくれるタクシーが一番効率的だと言われていますが、タイではグラブ(Grab)が主流ということが判明しました。

(2018年4月にはウーバーがグラブに売却されたようで、タイではグラブのみの一択のみとなっています。)

グラブ利用料25バーツ(約86円)がかかりますが、値段もタクシーなら約500バーツ(約1700円)、グラブなら約300バーツ(約1000円)考えておけば十分だと思います。(+高速料金&チップ)

高速代金は、高速にのる時にドライバーに渡し、チップはあげなくてもあげてもどっちでも良いようです。

グラブなら最初から幾らぐらいで行けるというのもアプリで確認できるため、大幅に改ざん不可能。そして、現金でやりとりしないため安心です。

しかし、タイの渋滞は本当に動かない…時間によってはスワンナプーム国際空港から市内まで3時間も掛かることもあります。

それでも、乗っていれば目的地に着いてくれる為、荷物が多いときや深夜早朝はとても重宝します。

Grab(グラブ)

2 バンヤントゥリーバンコク(Banyan Tree, Bangkok)でハネムーンパックを利用する

IMG_6877

一度は泊まりたいバンコクでも人気のあるホテル、バンヤントゥリー。

私たちは、ほぼホテルから出ずにホテルの中で食事にスパにと贅沢に過ごしました。こんな素敵なお部屋ならここで過ごさないのがもったいない!

IMG_6905

IMG_6930

IMG_6898

朝起きるとホテルの方がロマンティックな朝食をお部屋でセッティングしてくれます。

IMG_2456

IMG_7101

そして、バンヤントゥリーを選んだもう一つの理由はスパカップルで最高のタイマッサージやオイルマッサージなどを60分楽しめます。

IMG_7166

IMG_7175

スパの後は、タイで有名なブルーの飲み物を頂きました。バタフライピー(アンチャン)という植物の色素で飲み物が青くなります。

IMG_7162

食事をして、スパに入って、お次はホテルのプール。ビル街を眺めながらのホテルのプールでゆっくり過ごせます。そして、はしゃげます。

サウナもありリフレッシュ!

IMG_6689

IMG_7196

日も沈んで夜景が綺麗な時間になったら、ホテルのルーフトップでバンコクの百万石の夜景を見ながらムーンバー(Moon Bar)の横にあるロマンティックなヴァーティゴ(Vertigo)でディナーを頂きます。

(ハネムーンパックなので二人の記念写真も撮ってらえます。)

IMG_6970

IMG_6942

IMG_6981

雰囲気も食事も最高にロマンティックです。

IMG_6976

夜は好きなタイプのバスを準備してもらえます。私はバラ風呂を選びました。もう、ロマンティックが朝から晩まで止まりませんね。w

IMG_6982

IMG_3355

オプションで、BMWでの送迎もつけらます!

IMG_2598

ホテルから出なくても、素敵な南国のアーバンシティーライフを満喫できます。

Banyantree Bangkok

3 マンダリンオリエンタルホテル バンコク(Mandarin Oriental Hotel Bangkok)のクッキングクラス


マンダリンオリエンタルホテルは、もちろん私も大ファンです。
折角のバンコクなので、午前中のゆったりした時間にクッキングクラスをマンダリンで受けました。

ロビーからとっても素敵!オリエンタルな雰囲気が漂います。

IMG_6745

IMG_2246

IMG_6755

IMG_6800

IMG_6802

IMG_6763

タイと言えばクッキングクラス、そして結婚生活で大事なのはやはり「食」です。

マンダリンオリエンタルホテルバンコクは、最上級のホテルなのでなかなか泊まることはできませんが、宿泊者でなくてもクッキングクラスを受けることは可能です。このタイクッキングクラスでは、タイの食文化や歴史、そして料理方法を一つ一つ丁寧に教えてくれます。

受講中も美味しいマンダリンの紅茶を頂けます。

IMG_6785

IMG_6771

クッキングクラスは3時間ほどで、最後はみんなで作った食事を囲み団欒です。

IMG_6814

そこでも素敵な出会いがありました。帰りには、スパイスやエプロン、バックなどのお土産をもらうことが出来ます。15000円/人くらいだったと思います。この雰囲気を味わえるのは特別です。

IMG_6988

マンダリンオリエンタルホテル バンコク

4 トゥクトゥクの利用を控える

IMG_7197

タイと言えばトゥクトゥクで、私もファンキーな装飾のトゥクトゥクに乗るのが好きなのですが、やっぱりやられました。笑 10分ぐらいの乗車で2000円ぐらい払っちゃったかな。

個人的にはその時間を大いに楽しめたので文句ありませんし、ぼったくられたとも思っていませんが、やはりタクシーやグラブに比べて超割高です乗る前は幾らぐらいか交渉して乗りましょう。または、一回数分の体験にしておくのが良いでしょう

常に交通渋滞で多くの車が走るバンコクの街では、大気汚染も深刻な問題となっています。お財布のためにも健康のためにもトゥクトゥクの利用は控えたほうが良いかもしれません。

 

いかがでしかたか?

アジアの街中でも、日頃とは違うロマンティックを味わうことができます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です