転職・就職 Papua New Guinea

海外で働きたい!海外転職にはどんな求人があるの?英語は?職種は?in PNG

投稿日:2019-04-01 更新日:

こんな方におすすめ

  • パプアニューギニアで働きたい
  • パプアニューギニアで転職したい

 

パプアニューギニアにはどんな求人があるのでしょうか?

 

パプアニューギニアにある転職案件を分類

 

パプアニューギニアには、大まかに

 

・外国人用の転職案件(エキスパット用)

・パプアニューギニア人用の転職案件(ローカル用)」

 

に分けられます。

 

「外国人用の転職案件(エキスパット用)」求人

外国の会社が外国からエンジニアや専門家をパプアニューギニアに2〜3年の期間で派遣するもの。

 

この求人のお給料は専門職のため高級で、長期の休みなども保証されています。

 

また、危険手当や生活手当、扶養手当、無料で住居や車も会社から提供があります。

 

子供の学費などの補助も会社から支給されます。

 

このような環境から、外国人の入れ代わりが頻繁に行われます。

 

「パプアニューギニア人用の転職案件(ローカル用)」

パプアニューギニアで採用されるスタッフは、パプアニューギニア在住のため、外国人用の求人のように様々な手当ては基本的には付きません。

 

また、専門職ではなくても良い場合が多く、パプアニューギニア人のお給料の基準が海外に比べやや低いため、一般的にはお給料はエキスパットの求人に比べて低くなります。(全てではありません)

 

また、休みも少なめです。

 

 

パプアニューギニアでよくある外国人用の求人案件

パプアニューギニアは、天然資源が豊富にあるため、石油・ガス・鉱業に関する会社関係の仕事が多いのが特徴です。また、船貿易に関する仕事もよくあります。

 

そして、多くの人が数年で出入りする環境から、人材派遣人材紹介などヒューマンリソースに関する仕事もよくあります。

 

外国人用の職案になると、必ず職歴と適切な資格などの保有した人材が求められます。(オーストラリアやアメリカの資格)

 

資格の定義やトレーニングシステムがしっかりしているため、資格〇〇以上という記載がよくあります。

 

また、パプアニューギニアでも首都のポートモレスビー以外の郊外での職案もよくあります。

 

エンジニア、コンサルタント

IT、船など

 

配管工、電気工

技術職のため、よく求人があります。

 

クレーン(フォークリフト)

船や鉱山のクレーン業務 

 

マネージャー

人材育成や転職サービスのマネージャーのポジション

 

トレイナー(Training instructor)

様々なトレーニング業務

 

政府職員

大使館職員

 

銀行・ファイナンス

世界銀行、BSP、ウエストパック、Bank of Papua New Guineaなど

 

NGOやチャリティー関係

教育、トレーニング、マネージメント

 

シェフ

ホテルのシェフや大使館のシェフなど

 

SPビール工場

パプアニューギニアの大きなビール会社です。ハイネケンが親会社。

 

パプアニューギニアでの転職案件を見つける方法

・新聞

地元紙には求人案件が、外国人用、ローカル用関わらず掲載されています。

・Post Courier

・National

 

・インターネットの転職サイト

PNG work Force.com

Indeed

Seek

など

 

おわりに

パプアニューギニアに興味がある方は、是非求人にも挑戦してみて下さいね!

 

 

 

 

-転職・就職, Papua New Guinea
-

Copyright© C A R P E D I E M , 2019 All Rights Reserved.